スポンサードリンク



「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」グレッグ マキューン (著)☆目から鱗、捨てる力?



「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」グレッグ マキューン (著)


有名な本なので、読んだことがある人も多いと思いますが、
アドラー心理学と同じくらい、私に衝撃を与えた本でした。

これは7つの習慣のうちの第3の習慣にあたるものなのですね。
7つの習慣はまだ読めていないのですが(結構大変そうで)、
とりあえず、Youtubeで7つの習慣の解説動画を幾つか見ました(笑)

私にとって、エッセンシャル思考はとても大事な考え方になりそうです。

【こんな人にオススメ】
☆ある程度責任ある立場で忙しい会社員
☆仕事もプライベートもいつも何かに追われていて、疲れている人
☆同僚や友達の顔色を伺いながら過ごすのに、疲れた人

【概要】
ものも情報も溢れるこの世の中。
ヒトは時間に追われ、タスクに追われ、余裕のない毎日を送っている。
そんな中、本当に重要なことは何か?
本当に必要なことか。断れないか?

エッセンシャル思考では「大多数のことが不要だと考える」


【心に残ったこと】
情報の本質をつかむ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャーナリズムの授業で下記の文章の要約をする、という課題。
「ある高校の校長は今朝、職員一同に研修旅行の知らせを告げた。
来週木曜、職員全員でサクラメントへ行き、新たな教育メソッドに関する会議に
参加する。
当日は人類学者や教育学者、州知事による講演も予定されている。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→ 来週木曜は学校が休みだ!

・何かにYesということは、何かができなくなることである。(トレードオフの関係)
・サンクコスト、もったいないを克服する。
 →行き先が違う2つのスキーツアーに、間違えて同日程で申し込んでしまった。
  どちらかをキャンセルしなければいけない。
  どちらをキャンセルするか。費用はどちらも戻ってこない。

  @行き先がイマイチだが、100ドル。
  A行き先はとてもわくわくする楽しいところだが、50ドルで申し込めた。

 この状態だと、Aをキャンセルして、@を選ぶ人が多いという。
 Aの方が楽しいとわかっているにも関わらず、である。

・境界線を引くことで本当の力が発揮できる。
 境界線は自由を生む。
 Noと言わなくていいように、あらかじめルールを設定する。


【その他】
社会に出て○年目。
そこそこ、重要な仕事も任されるし、人は足りないし、
仕事でも家庭でもやることは増える一方。
いつも慌ただしく、1日が終わり、ぐったり倒れるように眠る。。。

限られた時間でいかにたくさんのことをやるか、
いかに効率的に物事を進めるか、ということを毎日考えて過ごしていました。

当たり前といえば、当たり前なのですが、この本を読んで、
薄々感じていたことに気づかせてもらいました。
発想の転換、といいますか。。。

私はサラリーマンには興味がないし、何らかの形で会社を辞めたい。
そのための準備にもっと時間を費やしたい。
それが今の私の一番大事なことです。

そうであれば、お給料をもらっているから、と言って、
何でもかんでも仕事を引き受けてしまっていては、
自分の目標は達成できないのです。

いきなり、行動を変えるのは難しいですが、エッセンシャル思考を
意識しながら、少しずつ仕事の仕事を変えていくことは
可能ではないかと思います。

人生は一度きり。
今を大切に生きていきたい。
そうであれば、本当に自分にとって大事なことをやるべきである。

このメッセージのものと、具体例やNoの言い方などがわかりやすく
書いてあります。

忙しい人にこそ、自分を振り返るために読んでほしい1冊です。


Amazon
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

Kindle
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

楽天
エッセンシャル思考 [ グレッグ・マキューン ]
posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−