スポンサードリンク



「はみだす力 」スプツニ子! (著)☆「数学+アート」は??ただの変人かも。人生に正解なんてないと思う



「はみだす力 」スプツニ子!

最近、活躍めざましい「スプツニ子! 」さん。
私が初めてスプツニ子! さんを知ったのは、数年前にラジオのゲストで
出てた時です。

その時は、この人、変わっているなー、くらいでした。
変な名前だったから、多分、記憶に残っていたのだと思います。

最近、NHKの「スーパープレゼンテーション」と言う番組で
司会をしている動画を見たり、園子温監督の「クソ野郎と美しき世界」に
出演して、そのプロモーションでまた、同じラジオ局のゲストで出ていました。

そのラジオで、なんか、この人、いいこと言っているな、と
思ったんですよね。
なんだか、忘れちゃったけど。笑

それで、興味を持って、探したら本を出していたので、読んでみました。


【こんな人にオススメ】
☆周りとうまくやっていけなくて、悩んでいる人
☆いじめられている学生や子供
☆仕事でも趣味でも何かの分野でブレイクしたい人


【概要】
イギリス人と日本人の両親を持つハーフの変わった子供だったスプツニ子!さんの自伝。
なんで、こんな人が出来上がったのか、理解できます。笑


【心に残ったこと】
スプツニ子!さんは、多分、普通に周囲にいたら変人です。
でも、MITメディアラボの助教だったり、東京大学生産技術研究所(生研)の
特任准教授だったり、「おっ!」と思う立場になっています。
社会に対する影響力も大きいでしょう。

彼女のイギリス人のお母さんが、女子は日本では認められないこともあるから、
一番になりなさい、一番になったら、誰もが認めるから、と言われてきたと。

そして、数学の才能はピカ1。
もともと興味があったアートの世界に飛び込む。
これも相当勇気がいる。
自分が成功していたのは、プログラマーの道だったのに。

この機会に彼女の作品を見たけれど、「生理マシーン」とか「ち◯この歌」とか
やっぱり、理解できない。笑
本を読んで、作品の意図を理解していたから、いいたいことはわかったけれど。

卒業旅行に行ったイタリアの美術館、有名な絵を見ても、
さっぱりわからなかった。
そんな時に、友達と「これは彼らしい作品だね」と連発していたのを
思い出した。

でも、影響力を持つと、周りが勝手に、解釈してくれるようになる。
何度見ても、ただの変な作品だと思うけれど、MIT助教と聞いたら、
「おお!」と思ってしまうのも理解できる。

作品はよくわからなかったけれど、YouTubeで最近の作品の
かいこで作る「赤い糸」の研究とか、普通に話してくれれば、
すごいな!と思うし、問題提起になるほど!と思う。

私は普通に解説してくれる方が理解できるけど、笑
アートにすることで、普通に説明したら届かない人にまで、
きっとスプツニ子!さんの声が届くのだろうな、って思いました。


【その他】
はみ出す、という表現をしていますが、現代を生きていく上では、
必要な力だと思います。
必要、というか、はみ出しても気にしない力、ですかね。

SNSなどでリア充(古い?)が蔓延している中、我が道を行く力、
すごく重要だと思う今日この頃。
一方で、インターネットが普及してマニアックなものも探しやすくなったから、
ぜひ、マニアックを追求する人が増えるといいなと思います。

みんなと一緒でなくていい、違うことは当然、っていう
考え方になるといい。

そして、今のスプツニ子!さんを見ていると、突き抜ける力、
っていうのも同時に必要な気がしました。
今の若い人たちにも読んでほしいな、と思います。

私もまだまだ、やれることがある。頑張ろう!と思えた一冊でした。

・Amazon
「はみだす力 」スプツニ子!

・楽天
はみだす力 (宝島sugoi文庫) [ スプツニ子! ]
posted by ちょちょ at | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−