スポンサードリンク



「真説・国防論 」苫米地 英人 (著)☆日本は平和国家だと誇るのは恥ずかしい?!



「真説・国防論 」苫米地 英人 (著)

【こんな人にオススメ】
☆外交や政治に興味がある人、佐藤優さんの本などが好きな人
☆株などの投資をやっていて、世界情勢に興味がある人
☆自衛隊など国を守る仕事に関係ある人、軍隊などに興味がある人
☆アメリカが守ってくれると思っている人
☆日本は平和的憲法を持った素晴らしい国だと思っている人


【概要】
日本の国防について、世界の視点から解説しています。
日本の報道では、ここまでの話を知るのはかなり難しいと思います。
全部が正しいとも思いませんが、全部が嘘だとも思いません。
日本人として、全員に知ってほしいです。


【心に残ったこと】
最近、苫米地さんの本を読み続けていました。
苫米地さんの本は種類も臭いも多岐に渡ります。
その中で、外交や国防に関する知識も
ものすごくたくさんお持ちのようです。

佐藤優さんの私も何冊か読んだことがあるあります。
佐藤優さんの本が好きな方はきっと
苫米地さんの外交や国防にする本も好きだと思います。
(うちの夫がそうです)

たくさん読みすぎて、何から書こうか迷っていたのですが、
直近で読んだこの本から書くことにしました。

国防、外交、その中1番日本人として気になるのは、
北朝鮮ではないでしょう。
そして日本は憲法第9条平和的な憲法があり、アメリカに守ってもらっています。

でも、それがアメリカやマスコミの洗脳によるもの、
情報操作によりそのように思い込んでいるとしたらどうでしょう。

私が1番びっくりしたのは、日本はまだ、第二次世界大戦の後に作られた
敵国条項というものに縛られているということです。
冒頭、驚いたことを抜粋します。


P.9〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本に完全な外交権は存在しない。日本は完全な主権国家ではない。
このような国が世界で日本ただ一国です。
ドイツやイタリアはNATOに、加盟していますから、敵国条項が、事実上無効化されています。

一方、日本はサンフランシスコ条約、日米安保条約などによって、かろうじて専守防衛のための軍備が許されているに過ぎません。「日本は世界に誇る平和国家だ」と胸を張ったところで、その実は、戦勝国によって国家主権を剥奪され、半人前の国家であることを誇っているだけです。

本当の平和国家とは、「戦争を起こす権利を持っているけれど、我々は不戦の誓いを立て、自らの選択として、決して戦争をしない」と言える国です。スイスは永世中立国ですが、戦争をしない選択を国民の投票によって、主権国家の意思として選びとっています。
翻って、日本はどうでしょうか?
「戦争をしない」のではなく、単に「戦争ができない」だけなのに平和国家だと謳っている、そのような国家を、もし自分が他国の人間だとして、どのように評価するでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本の防衛のあり方、世界の軍事力の方、国防とはどういうものなのか、
我々が平和ボケしているのか、そんなことが書かれています。

ここに書いてあることが全て正しいとは思いませんが、
少なくとも苫米地さんは私よりも政治や外交、国防に詳しいはずです。
正しい判断をするためには正しい情報を持っていることが不可欠です。

日本人にはその正しい情報と言うものが
与えられていないのだろうなぁと思いました

私もいい年になりました
政治なんて興味はないと思っていました。
小さな一票ですが、日本の未来のことを考えなければいけない、
と思いました。

政治家や市町村都道府県の公務員にもぜひ読んで欲しい本です。
それぞれの立場で、何ができるのか一人一人が
ちゃんと考えなければならないと思います。

とにかく、ウダウダ言わずに一度、読んでほしいです。
賛否はあると思いますが、結構衝撃的だと思います。

そんなことを考えるなんて、歳をとったんだなー笑


Amazon
「真説・国防論 」苫米地 英人 (著)

Kindle
「真説・国防論 」苫米地 英人 (著)

楽天
真説・国防論/苫米地英人【1000円以上送料無料】
posted by ちょちょ at | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−