スポンサードリンク



「年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方」小林 昌裕 (著)☆初心者向けの副業入門




「年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方」小林 昌裕 (著)

【こんな人にオススメ】
☆サラリーマンの給料だけでは不安な人
☆副業に興味があるけれど、何をやっていいかわからない人
☆不動産投資に興味がある人

【概要】
収入の柱を増やす、をテーマに、どんな手法があるか、
著者の経験をもとに紹介している。


【心に残ったこと】
・いろいろな種類の副業が紹介されている。
・サラリーマンにも給与以外の選択肢があることが体型的に理解できる。
・興味を持てる副業があれば、自分で掘り下げることが必要。


【その他】
著者はサラリーマンから、現在1億の収入を作り、その方法を本の中で
紹介しています。
民泊などは現在法律が整備されてきているので、この通りにはできないものも
あるだろうけれど、ノウハウが古くなるのはどの世界でも同じです。

私もサラリーマンですが、できれば辞めたいと思っています。
若い頃は自分が病気になることなど考えませんでしたが、
年をとるにつれて、(特に病気をしているわけではありませんが)
ずっと健康でいられるのか、不安になってきます。

夫が転職が多いこともあり、会社だけに頼る生活は不安で、
両親も今は健在ですが、高齢になり、介護が必要になると
生活していけるのか不安で、副業に興味をもちました。

サラリーマンをやりながらできるものが上がっていますので、
これをとっかかりに、自分にあったものを調べていけば良いと思います。

巻末にURLが載っており、セミナー動画などがダウンロードできるのも
良かったです。

アマゾンの評価には賛否両論ありますが、あくまで副業初心者向けで、
何を始めるか考えるきっかけの本、ということであれば、
良いのではないかと思います。
逆に言うと、この本を読んで、何かを始めるには自分で調査が必要です。

今の時代だからこそ、何も考えてない人には読んだ方が良い本だと
思います。

Amazon
「年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方」小林 昌裕 (著)

Kindle
「年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方」小林 昌裕 (著)

楽天
年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方 [ 小林 昌裕 ]

楽天Kobo電子書籍ストア
年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方【電子書籍】[ 小林 昌裕 ]
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「金持ち大家さん」になる! アパ・マン満室経営術 浦田 健 (著)☆不動産投資を始める方に



「金持ち大家さん」になる! アパ・マン満室経営術 浦田 健 (著)


今、不動産投資について教えてもらっている方にオススメされた本。
古いけれど、時間が経っても基本は変わらない。


【こんな人にオススメ】
☆不動産投資を始めようとしている方、興味がある方
☆不動産収入を得るためにどういうことが必要なのか知りたい人


【概要】
アパート・マンション経営に必要なことを一通り網羅してある気がします。
逆に上級者には退屈かも。

【心に残ったこと】
・リフォーム
一式見積もり不可、という具体的な方法を知らなかったので、
この辺は勉強になった。
退去時のクリーニングでのポイントも、自分ではここまで考えたことがなかった。

CMなどを見て、カラープランニングも興味があったので、今後、
今の物件が古くなってきたら、トイレなどから試してみたいです。


・リフォーム税務知識
修繕費として、費用計上できるかは、(物件が大きければ大きいほど)
施工前に確認しておくべき。

税金対策等、お金の流れは押さえておかないと、後から大変なことになる。

今後、物件を買い進めていくのか、融資にも影響するところなのだと
思うので、会社の事業計画のように、ある程度、長期の見通しを持っておくのが、
良いのかな、と思ったり。



posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「知識ゼロでも大丈夫!基礎から応用までを体系的に学べる!不動産投資の学校[入門編]―「お金持ち大家さんになりたい!」と思ったら必ず読む本」日本ファイナンシャルアカデミー 編(著)



不動産投資の学校[入門編]

【こんな人にオススメ】
☆不動産投資に興味があるけれど、何から始めて良いかわからない人
☆不動産投資を一部知っているけれど、体系的に学んだことがない人
☆投資の中でも不動産投資の特徴を知りたい人


【概要】
下記のようなことが初心者向けに書かれています。
・不動産投資の指標
・物件の見つけ方
・申し込み方法
・具体的な契約書のチェックポイント
・リフォームのポイント
・物件管理・運営でのポイント


【心に残ったこと】
部分的には知っていることも多かったのですが、全体を俯瞰して、
体系立てて学んだことがなかったので、頭の中が整理されました。

特に土地値と言われるところは、色々な基準があり、不動産投資で使用されるのは
国税庁発表の路線価で、公示価格(国土交通省)の8割程度になっている
ということを初めて知りました。

よく「土地値以下の物件はお買い得」などと言われますが、土地値をちゃんと把握していないと、
意味ないですよね。

実勢価格(時価 実際の取引を参考)>公示地価>路線価>固定資産税評価額

となるそうです。

路線価はこちらでチェックできるということで、自分の住んでいる場所などを
調べてみました。
財産評価基準書(国税庁)


【その他】
2008年に発売された本ですが、ある人にオススメされて読みました。
他にもオススメされた本があるので、この後読んでみます。
きっと、この本に書いてあることがベースになって、広がっていくはず。


Amazon
不動産投資の学校[入門編]

楽天
不動産投資の学校(入門編) [ 日本ファイナンシャルアカデミー株式会社 ]
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか」巻口成憲(著)☆ロジカルな分析手法を紹介。読むなら最新作を!




なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか」巻口成憲(著)

著者「巻口成憲」さんの本は何冊か読んでいますが、最新作のようです。
基本的には、今までの本と言っていることは変わっていません。
人を頼って、「えい!」っと不動産を買うのではなく、不動産の価格設定、家賃設定を統計学により分析でいるので、ロジカルな判断が可能である、ということをいろいろな角度から解いています。

熱心な営業マンに「君の熱意に負けたから、君を信じて不動産をするよ」というのは、「決断」であり「判断」ではない、決断力ではなく判断力を身につけよう、という話をしています。

感覚的には駅から遠い方が家賃は下がる、新しい方が家賃は高い、というようなことはわかります。
が、どの駅でどの程度下がるのかなど、すべてを把握することは非常に難しいです。
それを過去の家賃設定などの情報をもとに著者の会社で分析しています。

今までの本の内容に加え、最近民泊として認知されているairbnbなどの考え方なども追加されています。
今までの本を読んでいる人には、新しいことは少ないかもしれませんが、著者の本を初めて読む方は、是非、こちらの最新作から読むことをオススメします。


<Amazon>
なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか」巻口成憲(著)

<Kindle>
なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか」巻口成憲(著)

<楽天>
なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか [ 巻口成憲 ]

なぜ決断力のある人ほど不動産投資に失敗するのか成功する投資家は分析力が違う【電子書籍】[ 巻口成憲 ]
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「不動産投資は住宅ローンを使え! 賃貸併用住宅のススメ」箕作大(著)☆よく考えて始める必要あり






不動産投資を検討した人であれば、一度は「賃貸併用住宅」を検討したことがあるのではないでしょうか?
マイホームを購入する際、住宅ローンはかなりの負担ですし、今後のリスクにもなります。

建築するマイホームの一定基準以下の部分を賃貸用として、家賃収入を得て、住宅ローンの一部にあてられるのが「賃貸併用住宅」の魅力です。
特に、東京23区など、非常に土地も高い地域でここにマイホームを持とうとすると、かなり住宅ローンの負担はかなり重くなります。

この本は「賃貸併用住宅」をオススメしています。
上述したように「賃貸併用住宅」は住宅ローン軽減のメリットがある一方で、不動産投資一般のリスク、及び「賃貸併用住宅」特有のリスクもあります。

不動産投資一般のリスクとは「空室」リスクです。
住宅ローンの返済に家賃収入を充てるつもりでいると思いますが、必ずしも満室とは限りません。
周辺相場を確認し、家賃がいくらくらいで設定できそうでしょうか?

また築年数がたったら家賃を下げないと埋まらないことが多くあります。
家賃が提言する前提で、住宅ローンのシュミレーションをしているでしょうか?
何もしなくても、住宅ローンが返せると思っていると、あとで痛い目にあいます。

「賃貸併用住宅」特有のリスクとは、入居者と大家さんが同居することです。
一度、住んでしまえばよっぽどのことがない限り、追いだすことはできません。
もし、入居者がずっと家賃を払わない場合、あなたは督促に行きますか?

勿論、管理会社に頼んでいれば、そんなことをする必要もありません。
しかし、2階部分が自分たち家族、1階部分が入居者となっていれば、顔をあわせることもあるでしょう。
ゴミ出しのマナーが悪いこともあるかもしれません。

逆に2階での物音がうるさい、と入居者からクレームが来るかもしれません。
大家さんと一つ屋根の下に住む、ということは双方にとっても、ストレスがたまりやすい環境となります。

また、住宅ローンを借りるのは、サラリーマンの人が多いと多いかもしれませんが、奥様が専業主婦だった場合、自分はほとんど入居者と顔をあわせないけれど、奥様が大きなストレスを抱えることになるかもしれません。

確かに将来の家賃収入にもなりますし、魅力的ではありますが、リスクやストレスもありますので、家族ともよく考えて決定するのが良いと思います。

メリットを強調して書かれていたので、あえてデメリットも書きましたが、賃貸併用住宅を考えている人は入門書として良いと思います。


Amazon
不動産投資は住宅ローンを使え!

楽天
不動産投資は住宅ローンを使え! 賃貸併用住宅のススメ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 箕作大/著
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「会社の経営安定 個人資産を防衛 オーナー社長のための収益物件活用術」大谷義武(著)☆「武蔵コーポレーション」の社長が書いた本




会社の経営安定 個人資産を防衛 オーナー社長のための収益物件活用術

この本は、「武蔵コーポレーション」の会社のセミナーに参加させていただいた時に、いただいた本です。
確か埼玉を中心に管理会社も持っている会社だったと思います。

セミナー自体は管理について、写真などを用いながら、具体的に説明していました。
一棟買いに興味が出てきた時だったので、物件の見分け方など、参考になったと思います。
(が、忘れてしまいました。。。)
管理も請け負っていますが、テーマを決めて、内装管理をしていたと思います。

結構頻繁にセミナーをしていたと思うので、興味がある方は「武蔵コーポレーション」検索してみてください。
話自体は分かりやすかったと思います。

いきなり脱線しましたが、本の話。
ターゲットは中小企業の社長です。

中小企業の社長はやはり経営が不安定になりがちです。
真面目に努力をしていても、外部環境が変われば、会社が傾くリスクも抱える。

そんな状況でも家族を守るためには?会社のリスクヘッジをするには?ということを書いています。
もし、会社が差し押さえられたりしたら、あなたはどうやって家族を守りますか?

中小企業の社長さんのリスクヘッジとして、有効な方法が書かれています。
が、私はしがないサラリーマンで今の所、中小企業の社長になる予定はありません。
内容は具体的で興味を持つ部分もありましたが、会社員にはあまり向いていないかもしれません。

逆に不動産投資のいろんな側面を勉強するにはいいと思います。
読みやすい本なので、一気に読めると思います。

Amazon
会社の経営安定 個人資産を防衛 オーナー社長のための収益物件活用術

楽天
オーナー社長のための収益物件活用術 会社の経営安定個人資産を防衛/大谷義武【後払いOK】【10…

posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術」峯島忠昭(著)☆Amazon評価口コミに私が思うこと−その2−





“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術

前回の記事はこちら。
「“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術」峯島忠昭(著)☆賛否両論あるが、私は一棟買いのメリットを理解しました−その1−

【Amazonの評価・口コミ】
発売当初のサクラでは?と思われる良い口コミは、私も最初の頃、目にしていて私もサクラだと思います。
最近の評価としては、主に2つに分かれます。

@本の内容について
よくある不動産業者が自分の会社の宣伝のために出した本。中身がない。

A会社について
面談にいった方を中心に、社員の応対がひどかった、社長がイマイチ、などと書かれている。


【その他】
Amazonの評価・口コミに対して、私も面談にいった立場として、個人的な感想を記載します。

@本の内容
私は、かなり本も読んでいる方だと思いますが、事例が多くて分かりやすかったです。
どうしても一棟は怖いと思ってしまっていましたが、なぜ、区分ではなく一棟が良いのか、キャッシュフローを追い求めるのか、面談で話してもいまいち落ちなかったのですが、この本で色々な事例を読んで納得しました。

具体的に私がどの事例に当てはまるのか、似た事例などは判断できませんでしたが、理解はできました。

A会社・無料面談について
■社長
こちら(水戸大家さんの無料面談に行ってきました @)にも、面談後の感想は載せましたが、社長については、他の人が書いているほど悪い印象はありません。
多分、私はこちらの面談に来る方に比べれば属性も悪く、あまり条件がよくなくて、「水戸大家さん」的にはあまり良いお客さまではなかったのだと思います。
なので、一通りのアドバイスをもらったら、社長は20分ほどで退出されました。
ですが、その間、特に馬鹿にしたような態度もありませんでしたし、「同じことをみんなに話しているのだろうな、大変だな」ということもありましたが、きちんと目を見て、最低限のお客さまに対する礼儀をもって接していただいたように思います。

■社員
特に面談で社長が退出した後、社員の方と2人になりましたが、正直、あまり気持ちの良い面談ではありませんでした。
私が所有している2軒の区分マンションに対して、「なんで区分なんて買っちゃったの。儲からないのに」などと、批判しているように受け取れることもあり、私も接客をしていたことがあったので、「お客さまに対して、この口のきき方って…」と思ったのも事実です。

最近のメルマガで、「できる社員には給料もはずむが、できの悪い社員にはやめてもらいたい。このメルマガを読んで、改心してほしい」というようなことが書いてあって、ちょっと驚きましたし、「水戸大家さん」の社員にはなりたくない、と思いましたが、今回、Amazonの評価・口コミを読んで、もしかしたら、このように社員の批判が表に出ている状態に、社長は危機感を持っているのかもしれないと思いました。
そうであれば、健全な反応です。


■その他(融資)
無料面談で、既にある程度の投資をしている人については、有志の条件などを根掘り葉掘り聞かれた、と言っていましたが、そもそも水戸大家さんはメルマガや動画で、無料面談でたくさんのお客様とお会いすることで、情報も集まってくる、と言っていたので、まぁ、もっともな行動だと思います。
「無料」なんですし、相手の時間を割いているわけですから、相手にもメリットがないとただのボランティアです。
ひどくセールスをかけられる、とかその辺は、面談に行く側がある程度、予想していくべきだったのではないかと、思います。
無料セミナーなどもそうですよね。

■その他(儲け)
「社長はお金に対する執着が強い人だと思う」というコメントがありましたが、これも当然ではないかと。
皆さん、お金を稼ぎたいから、面談にいったり、本を買ったりするんですよね。
年収280万円から、会社をこんなに大きくするなんて、普通の人はできません。
お金に対する執着があって、それだけがむしゃらになったから、できたことではないでしょうか。
私はむしろ、それはすごいと思います。私はできません。

儲かっていない不動産会社に話を聞いても無駄だと思いますし、非人道的なことをやっているわけでもないので、いいと思います。
みんな、稼ぎたいし、儲けたいから、不動産投資に興味があるんですよね?
執着して良いじゃないですか。何を言ってるんだろう、と思いました。


■総括
社長や水戸大家さんという会社、社員に対して、それぞれいろんな思いがあると思います。
本を読んだ感想だったり、面談の時の実際の対応だったり。
動画を使ったり、ネットを使ったマーケティングにも積極的なので、目につきやすく、その分、バッシングも受けやすいのでしょう(出る杭は打たれる状態)。
社員が15名程度ということも聞いたことがありますので、私みたいに属性の低い人には、物件紹介のメールがメーリングリストで来るだけで、営業の電話やメールはありません。

たくさんある不動産業者の中の一つです。
あう人がいれば、あわない人もいる。
あうと思えば、お付き合いを続ければいいし、あわないなら、別の不動産業者に変えればいい。
それだけな気がします。

結局、不動産投資は個人の属性によって条件も変わるし、物件が違えば、価格も融資も変わってきます。
たくさんの組み合わせが考えられ、マニュアル化できず、個別の判断が必要になってきます。
結局、自己責任ですので、自分があう不動産業者を見つけられたら良いですよね。
会社というよりも、社員の方との相性も、印象のかなりの割合を占めてしまいますし。

長くなりましたが、もう少し、冷静にコメントしても良いんじゃないかな、とAmazonの評価・レビューを読んで思いました。




Amazon
“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術

楽天
“水戸大家”式本当にお金が稼げる不動産投資術 [ 峯島忠昭 ]
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術」峯島忠昭(著)☆賛否両論あるが、私は一棟買いのメリットを理解しました−その1−





“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術


私は水戸大家さんの面談にも行ったことがあり、その後、この本を読みました。
現在もメルマガや動画もよく見ています。
水戸大家さんの無料面談に行ってきました @

最後の数ページを残して他の本を読んでしまったこともあり、ブログにアップするのが遅れてしまったのですが、Amazonレビューを見たら、評価・口コミがひどいことになっていたので、びっくりしました。
一通り、Amazonのレビューもも見ましたので、それも踏まえてコメントしたいと思います。



【こんな人にオススメ】
☆不動産投資に興味があり、特に(区分ではなく)1棟買いに興味がある方
☆既に不動産投資を行っているけれど、キャッシュフローが出ていない方
☆銀行の融資基準などについて、知りたい方

【概要】
不動産投資については、その人の属性(職業、勤め先、貯蓄額を中心とした自己資金など)により、引ける融資も違います。
属性毎に今までの色々な事例を紹介して、イメージがつきやすくしています。
やはり、こちらの会社が1棟メインで扱っているので、それなりに属性が良い方の事例が多い。


【心に残ったこと】
キャッシュフローを出すことを一番の目的に置いているので、そのためにどういう手段を取るか、という説明は分かりやすい。
(借入期間を長くする、金利を低くする等)
私自身は当初自分が住んでいたマンションも含めて、区分マンションを2つ持っているが、区分はキャッシュフローとしては全然出ない※ので、今後、どうするのか考えていかなければいけない。

※正確には、1軒目は当初住んでいて住宅ローンで購入したので、金利が低い分利益は出ている。
 2軒目は年金対策ということで、65歳でローンを払い終わるようにしているが、月々の返済はほぼトントンだが、固定資産税などをいれると、マイナスである。

長くなったので、Amazon評価についての意見は下記で。
「“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術」峯島忠昭(著)☆Amazon評価口コミに私が思うこと−その2−



Amazon
“水戸大家”式 本当にお金が稼げる不動産投資術

楽天
“水戸大家”式本当にお金が稼げる不動産投資術 [ 峯島忠昭 ]
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者向け☆「「消費マンション」を買う人 「資産マンション」を選べる人 」吉崎誠二 (著), 船井総研リアルエステートビジネスチーム (著)



「消費マンション」を買う人 「資産マンション」を選べる人 (青春新書プレイブックス)

【こんな人にオススメ】
☆新築、中古に関わらず、自宅マンションの購入を考えている方
☆マンションを購入するのが初めての方

【概要】
購入後、中古になっても資産価値がそれほど下がらないマンションを「資産マンション」、すぐに資産価値が目減りしてしまうマンションを「消費マンション」と呼び、なぜ、そのような差がつくのかを解説。
また、2011年3月11日の東日本大震災を受けて、買い手の行動はどう変わったのか?
今後の不動産市場の動きなどを解説している。

【心に残ったこと】
東日本大震災で、消費者が地盤などに興味を持つようになったが、ある程度たつと、最低限の基準は気にしつつもまた、もとの基準に戻っていくだろう、とのこと。
埋め立て地などでも、それなりの基準が示されれば、またあがっていくのかもしれない。

【その他】
自宅マンションを購入したことがある人は勿論、投資用のマンションを探している場合であっても、本書に書かれていることは基本中の基本であり、知らないことがあるのは問題がある、と思う。
逆に、これからマンション購入を検討している人には、入門書としてまとまっていて良い本だと思います。

「消費マンション」を買う人 「資産マンション」を選べる人 (青春新書プレイブックス)

posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もし独身OLが「脱サラ不動産投資」に本気で取り組んだら」姫野桃子 (著)




もし独身OLが「脱サラ不動産投資」に本気で取り組んだら

ドラッガーに例えたタイトルで、思わず手に取ってしまいました。
OLというのも、敷居が低い感じに思えましたし、全体的にはストーリー仕立てで読みやすいです。

内容は不動産投資の中でも競売入門です。
確かに競売物件なら、価格も安いですし、OLでも手が出るのかもしれません。
でも、不動産投資の入門として、競売っていうのは、なかなか難しい気がします。
地方の物件を購入していますが、空室リスクなどは考えているのでしょうか?
安く仕入れれば、問題ないのかもしれませんが。

という意味で、私には競売の入門書であっても、不動産投資としては中級以上な気がしました。
競売に興味がある方にはオススメです。
posted by ちょちょ at | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−