スポンサードリンク



『外資系コンサルの知的生産術〜プロだけが知る「99の心得」〜 (Japanese Edition)』(山口 周著)



『外資系コンサルの知的生産術〜プロだけが知る「99の心得」』(山口 周著)

最近、耳読を始めました。
アマゾンのタブレットでも最新版では音声で読み上げてくれる、
と聞きましたが、私はアンドロイドのtalkbackという機能を使って、
音読させています。
たくさん読む(というか、聞く)ようになって、楽しいです。

今回はプライム会員無料で読めた本で良かったので、ご紹介です。
以下、私が良かったところ、覚えておきたいところの本からの引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・「新しさ」を出すには、 「 広さで出す」のと「深さで出す」のと、二つの方向性があります 。
・知 的 生 産 に お け る 成 功 ・ 失 敗 は 、 あ く ま で も 「 顧 客 の 期 待 値 と 実 際 の 成 果 物 と の ギ ャ ッ プ 」
・プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル と い う の は 8 0 % の 力 で ク ラ イ ア ン ト を 継 続 的 に 満 足 さ せ ら れ る 人 の こ と で す 。 常 に 1 0 0 % の 力 を 出 そ う と す る の は む し ろ ア マ チ ュ ア で す
・あ る 分 野 に つ い て 勉 強 す る の で あ れ ば 、 ま ず は マ ッ ク ス で 五 冊 と い う 目 安

・常 に ポ ジ シ ョ ン を 明 確 に 取 る 」 と い う 点 で す 。 ポ ジ シ ョ ン を 取 る 、 と い う の は 論 点 に 対 す る 回 答 に つ い て 肯 定 ま た は 否 定 の 立 場 を 明 確 に す る
・決 断 力 と い う の は 要 す る に ポ ジ シ ョ ン を 取 れ る か ど う か と い う こ と
・知 的 生 産 物 の ク オ リ テ ィ は 、 異 な る ポ ジ シ ョ ン を 取 る 人 と 摩 擦 を 起 こ す こ と で 初 め て 高 ま る か ら で す 。 摩 擦 を 避 け て い る と い つ ま で 経 っ て も フ ニ ャ フ ニ ャ し た 知 的 生 産 物 し か 生 み 出 せ ま せ ん 。

・ポ ジ シ ョ ン を 取 ら な い と 評 論 家 に な っ て し ま う
・た と え 情 報 が 不 足 し て い る よ う に 感 じ ら れ た と し て も 、 現 時 点 で の ベ ス ト エ フ ォ ー ト と し て 明 確 な ポ ジ シ ョ ン を 取 っ て ほ し い
・そ の 時 点 で 頭 の 中 に ス ト ッ ク し て あ る 関 連 情 報 や 過 去 の 類 似 事 例 に も と づ く 推 察 に よ っ て ポ ジ シ ョ ン を 決 め る
・ポ ジ シ ョ ン を 一 度 取 っ た 上 で 、 新 し い 情 報 が そ れ を 反 証 す る の で あ れ ば 即 座 に そ の ポ ジ シ ョ ン を 捨 て る 、 と い う 柔 軟 さ 、 腰 の 軽 さ が 必 要 だ

・時 間 考 え て も 答 え が 出 な い と い う と き 、 そ れ は 思 考 力 や 思 考 量 に 問 題 が あ る の で は な く 、 ほ ぼ 間 違 い な く 「 問 い の 立 て 方 」 か 「 情 報 の 集 め 方 」 に 問 題 が あ る

・「手が動かなくなる」と、「考えている」のではなく「悩んでいる」状況に陥っている可能性があります。「考える」という作業を、脳内で完結する純粋に理知的な作業だと思っている人が多いのですが、知的生産におけるプロセッシングのほとんどは手を介して行われます
・「言葉が生まれない」
・示唆や洞察を生み出し、最終的に行動に関する計画を生み出すことだという指摘は以前にしました。つまり「考える」というのは、集めた情報から、示唆や洞察をメッセージとして生み出す、ということです。したがって、一時間以上にわたって、他者に伝えたい「メッセージ」が出てこないとき、それはすでに「考えている」のではなく「悩んでいる」状況に陥っている可能性が高い
・一時間以上にわたって「手が動いていない」「言葉が出てこない」と思うのであれば、壁に頭突きし続けるような不毛な突貫はあきらめて、別の方策を考えるようにしましょう
・「よい答え」というのは、無理矢理に探し出すものではありません。適切に情報が集められ、それを虚心坦懐に見れば自然とそこに立ち現れてくる
・長く考えるよりも、短く何度も考える方が突破口を見つけやすい

・経営というのは本質的には分析とはまったく逆の営み。「統合」こそが、経営の神髄
・知的生産におけるプロセッシングの工程では、性格の大きく異なる「分析」と「統合」という作業をシームレスにつないでいくことが必要
・「統合」「分析」「論理」「創造」の四つの脳のモードを、段階に応じてうまく使い分ける
・「分析」というのは要するに比べてみるという行為
・「統合」は、断片的な情報を組み合わせて新しい示唆や意味合いを生み出すモードで、これは「分析」と対
・「論理」とは、結論の妥当性が保たれるように推論を積み重ねていくモードです。一方で、「創造」とは、積み重ねを省いて一気にゴールをイメージするモード


・知 的 生 産 に お け る プ ロ セ ッ シ ン グ の 工 程 で は 、 性 格 の 大 き く 異 な る 「 分 析 」 と 「 統 合 」 と い う 作 業 を シ ー ム レ ス に つ な い で い く こ と が 必 要
・プ ロ セ ッ シ ン グ 工 程 に お け る 後 半 で は 「 統 合 」 と 「 創 造 」 の モ ー ド が 求 め ら れ る



posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方」苫米地 英人 (著)☆内容も理解できる速読法。本の読み方も考えさせられる。




「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方」苫米地 英人 (著)

【こんな人にオススメ】
☆本を読みたいのに、なかなか時間が取れない人
☆読書は好きなのに、すぐに内容を忘れてしまう人
☆読みたい本がたくさんあって、読みきれない人
☆内容もきちんと理解する必要がある人

【概要】
脳科学者でもある筆者が、いわゆるフォトリーディングではない、
内容も残る速読法について、説明している。

また、速読法に限らず、読書によって得られるもの、得られる読み方、
情報との付き合い方など、自己啓発本の側面も。


【心に残ったこと】
・著者の立場になって言葉を拾う。
 著者の世界を共有する。
 →スコトーマ(盲点)リーディング、知っていることしか目に入らないと意味がない
  
・速読できるのは前もって知識があるから。
 →1行先を視界に入れて読むだけで、ぐんと早く読める。
・並列処理をする。
 →二つの本も左右に並べて読める

・抽象度を上げる
 →一を聞いて十を知る。多くの視点を持つ。
  聖徳太子が特別じゃない。
  もともと10人話しているのに、凡人には一人の声しか聞こえない。

・社長フレームで考える。見えなかったことが見えるようになる。


【その他】
仮想通貨の動画を知り、そこで話している苫米地英人博士が
かなり面白いおじさんだと知り、興味を持って、いくつか本を読んでいる。

サリン事件の地下鉄オウム真理教信者の脱洗脳を担当したり、
ビットコインよりも前に仮想通貨を作って?いたり。
気功の本を出していたり。

もともと、脳科学については、勉強したいなと思っていたので、
ちょうどはまりました。
毛色の違う本を何冊か借りてきましたが、その中で、
一番実用的な速読の本から読み始めました。

脳科学者だけあって、根拠がきちんと説明してあり、
納得感があります。
速読は先を予想して読むから、早く読める、と。

1行先を視界に入れて読み進めると、確かに早く読めます。
でも、ちょっと疲れます。
集中力がいる。

脳は自分が知っている情報、興味がある情報しか認識しない、
だから、何も考えずに読むと、知っていることしか書いていなかった、となる。
著者の世界に浸れるか、が読書の醍醐味。

無意識にしていることはたくさんある。
いかにこれを意識上に上げるか。
良いイメージを持つことは無意識に影響する。
そのため、いかに良いイメージを持てるかが、成功につなが流。

セルフイメージをあげろ、とか、巷でもよく言われています。
私も知ってはいましたが、胡散臭さが否めなかった。
でも、科学的に根拠を説明してあるからか、素直に頭に入りました。

著者の他の本も読んでみようと思います。
有名な方なのに、私が知らなかっただけだと思いますが、
面白いおじさんに会えて、他の本を読むのも楽しみです。


・Amazon
「ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方」苫米地 英人 (著)

※楽天ブックスでは中古しかありませんでした。

posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法」ピョートル・フェリークス・グジバチ (著)




世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法


【こんな人にオススメ】
☆クリエティブな仕事をする人
☆ロジカルシンキングが苦手な人(勇気付けられます)
☆毎日、忙しくてなんとかしたいと思っている人


【概要】
元Googleの社員(人事担当役員?)が効率的に仕事を
進めるためのポイントを記載。


【心に残ったこと】
・「ひらめき」は新しいつながりを作ること。
・統合「分析」からは新商品はうまれない。
 →いかに競合他社を分析してもダメ。マネするだけでは差別化できない。
・感覚が優先される分野では、ロジックよりも直感を大切に。
・10%アップではなく、10倍アップを目指す
 →今の価値観をぶっ壊せ。ルールを破らないと10倍は無理。


【その他】
分析は報告するためにある。
既にそう思っている人、いるかもしれませんが、
私は名言だなーと思います。

上の人を納得させるためには、分析して、傾向をつかみ、
抽象化して報告する。

日本人は分析が好きだが、「それで?」という分析が多い、と。
自分で考察して、結論付けないと、意味がないということですね。

会社の先輩で、仕事ができなそうに見えるのに、
野生の勘に優れている人がいました。
今思えば、ひらめきが得意だったんだろうな、と。

ひらめきとは新しいつながりを作ること。
新しいつながりを作るのが上手だったと思います。

ひらめくためには新しい情報を入れる必要がある。
いろんなものに興味を持って、つなげるための
選択肢を増やすことも大事だと思いました。

世の中、常に変化しています。
自分の視点次第で、気がつくことはたくさんある気がします。


・Amazon
世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか グーグルの個人・チームで成果を上げる方法

Kindle

・楽天
世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか あのGoogleが社内でやっている神速仕事術57 グーグルの個人・チームで成果を上げる方法 / ピョートル・フェリクス・グジバチ 【本】
posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「どんどん貯まる 個人事業主のカンタンお金管理」櫻井 成行 (著)☆税金と向き合う、入門編




どんどん貯まる 個人事業主のカンタンお金管理 櫻井 成行 (著)

【こんな人にオススメ】
☆起業したものの確定申告がよくわからない
☆これから起業したい
☆個人事業主のままか、法人化するか迷っている
☆青色申告、白色申告、メリット・デメリットがよくわからない

【概要】
個人事業主が避けて通れない確定申告。
日々の経費管理から、税理士との付き合い方まで、個人事業主が
必要なお金の知識をまとめてある。

【心に残ったこと】
税理士さんとはなんでも話せる関係であるよう。
大手に頼むと、新人などが回ってくる。
親身になってくれないかも。
安さだけで頼んではいけない。

【その他】
私も個人事業主登録していますが、本業の会社でも
部の経費管理をしていたりしたので、ほとんど知っていることでした。
でも、これらの知識は必須の知識だと思います。
(できるかできないかは別として)

サラリーマンをしていると、知らない知識です。

Amazon
どんどん貯まる 個人事業主のカンタンお金管理 櫻井 成行 (著)

楽天
どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理 [ 櫻井成行 ]
posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか 」上阪 徹 (著)☆ライザップに行きたくなる(笑)




「ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか 」上阪 徹 (著)

【こんな人にオススメ】
☆ダイエット中である
☆ライザップに行こうか悩んでいる
☆健康に興味がある

【概要】
今、話題のライザップが、なぜ、こんなに人気なのかを
お客様の視点から分析する。
著者が実際に通った体験談をまとめている。

【心に残ったこと】
ライザップでダイエットを成功する秘訣は・・・

@ライザップでは、トレーナーは会員の心にとことん寄り添い、
 頑張らせ、それが結果につながる。

まるで恋人か、と思えるくらいです。
特に日本院は、このタイプに弱いかも。
でも、逆に続かない時はフェイドアウトするか、
どちらかですね。

Aタンパク質をメインに炭水化物を減らす(糖質制限)
 →ご飯の写真を送って、徐々に食事も変えていく。

これが一番きついところですね。
最近、糖質制限のスイーツなどもたくさんありますよね。
ライザップから火がついたのではないかと勝手に思っています。

B運動
ライザップでのジムトレーニング。
著者は比較的時間に融通が利くので良いですが、
普通のサラリーマンだと、予約取るの大変そうですね。

これもトレーナーがついてくれるのは、結構、贅沢です。





【その他】
ライザップは学生時代、社長?が太っていた彼女を
ダイエットに成功させたことに起因するそうです。
結構いい話。

巷ではライザップに行った後の反動が大きい、
と言う話も聞きますが、著者によるとリバウンドしている人は
少なめとのこと。

「痩せたね!」ではなく、「若返ったね!」と言うコメントを
もらえたのは、確かに嬉しいかも。
早速私も糖質制限から取り組みたいと思います。

通えない、という人は、DVDとプロテインセットなどが
通販で買えますよ。
お試しにも良いかもしれません。
いろいろ考えますね。





ライザップはダイエットだけでなく、同じ方式で、
ゴルフスクールもあるんですよ。

2ヶ月でスコア100を切る、それも初心者も含め。
結構厳しいですよね。
私も少し、ゴルフを習っていたのですが、センスの問題もあったのか
結構真面目に通いましたが、全然ダメでした。





私の周りにはいないのですが、ライザップに行った人の話、
直接聞いてみたいです。

「職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法」上阪 徹(著)☆文章を書くだけでなく、仕事の進め方としても参考になる

Amazon
「ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか 」上阪 徹 (著)

Kindle
「ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか 」上阪 徹 (著)

posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「なぜか「仕事ができる人」の習慣 」☆時代を超えて共通する思考とは?



なぜか「仕事ができる人」の習慣

誰かが動画でオススメしていたので、ブックマークされていた本。
結構古い本ですが、逆にそれが新鮮というか、古い時代から語り継がれていることって
なんだろう?本質ってなんだろう?という視点で読めました。

【こんな人にオススメ】
☆ある程度仕事を覚えて、これからの目標を探している人
☆会社でそれなりのポジションを得ている人
☆出世したい人

【概要】
雑誌のインタビューをまとめたものなのでしょうか?
仕事で成功している、と思われる方たちのインタビューが続きます。
企業からタレントまで、仕事をする上での習慣や心がけを
インタビュー形式でまとめてあります。

【心に残ったこと】
大手企業の役員や、話題な方のインタビューなので、それぞれ、
勉強になることはあるのですが、最後の方のNHKプロジェクトXの
チーフプロデューサーであった今井彰さんのリーダー取材。

「部下がついてくるかどうかは、リーダーが苦しんだ量に比例する。」
東洋工業(現マツダ)でロータリーエンジンを開発した方のコメント。

リーダーは自らのテーマを実現させるため、体を張り、気力を振り絞ってきている。
彼らが掲げたテーマとは、名誉でも金銭でもなく、個人的な思いや強い使命である。

かつての日本はそんなリーダーがたくさんいたが、バブル経済が吹き飛ばした、
と言います。

VHSを作ったこと、伊豆大島の大島町町役場の助役は三原山噴火で島民1万人を
一人の犠牲者も出さずに避難させたこと。
日々の努力をして、準備をしているかどうか、で成功するかどうかは決まる。

小さな積み重ねを怠り、誰の心の中にもあるはずの思いを忘れてしまっていないか?
なんだか、ぐさりとくる言葉でした。


【その他】
他にも面白いお話がいっぱいありますので、興味があるところ、興味がある人を
つまみ読みするのが良いと思います。

私たちも大事にしなければいけないこと、引き継いでいくべきことを
見つけてください。

Amazon
なぜか「仕事ができる人」の習慣
posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スマホの5分で人生は変わる」小山 竜央 (著)☆スマホに「使われる」のではなく「使う」人になろう!




「スマホの5分で人生は変わる」小山 竜央 (著)

【こんな人にオススメ】
☆気がついたらスマホを見て、時間が経っている人
 (スマホ依存症になっていることにすら気がついていない人)
☆スマホで便利なアプリを知りたい人
☆スマホを使いこなす方法を知りたい人

【概要】
現代に欠かせなくなったスマートフォン。
便利ですが、スマホに使われていませんか?
時間を浪費していませんか?

スマホはあくまで道具です。
夢を叶える素晴らしいツールとして、スマホを使いこなしましょう。


【心に残ったこと】
スマホが脳を中毒化させる。
(科学的なデータに基づいて説明されていました)
目的を持って、使いこなす。
おすすめアプリの紹介。


【その他】
私は依存までは行っておりませんが、スキマ時間にはつい、
見てしまっています。

その状態にちょっと危機感も感じていましたし、ふと、
電車の席に座り、顔を上げると向かいの席の人全員がスマホをいじっている、
なんてことも珍しくなくなりました。

滑稽すぎる!と思いつつも、自分もその一員になりつつあることも自覚していました。
うちのオットなんて、スマホゲームをひたすらやっていることも珍しくなく、
そのゲームで知り合った人たちとライングループができたり、
気持ち悪くて仕方がありませんでした。

なぜ、スマホに依存してしまうのか、その仕組みを科学的に説明しています。
スマホを使いこなすには、どうしたら良いか?
Facebook、本当に必要ですか?
ビジネスをやっていて、宣伝に使っているなら良いでしょう。
でも、その「いいね」
本当に、必要ですか?

私はFBをやめた人間です。
「いいね」をもらったら、「いいね」を返さなければいけない気分になっていました。
別にしたくもないのに。
そこに違和感を感じてやめてしまいました。
何も困ることはありませんでした(笑)
そこに自分の意思がありますか?

役立つアプリは、私もとりあえず、無料のものは全部入れました。
有料のものをオススメしていましたが、頭では理解しつつも、
やっぱり無料から。

特に睡眠アプリは面白いです。
おそらく、マイクが寝息などを拾って、睡眠の深さを測るのだと思います。

自分のスマホの使い方を見直してみませんか?

Amazon
「スマホの5分で人生は変わる」小山 竜央 (著)

Kindle
「スマホの5分で人生は変わる」小山 竜央 (著)

楽天
スマホの5分で人生は変わる [ 小山 竜央 ]" target="_blank">「スマホの5分で人生は変わる」小山 竜央 (著)





posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」グレッグ マキューン (著)☆目から鱗、捨てる力?



「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」グレッグ マキューン (著)


有名な本なので、読んだことがある人も多いと思いますが、
アドラー心理学と同じくらい、私に衝撃を与えた本でした。

これは7つの習慣のうちの第3の習慣にあたるものなのですね。
7つの習慣はまだ読めていないのですが(結構大変そうで)、
とりあえず、Youtubeで7つの習慣の解説動画を幾つか見ました(笑)

私にとって、エッセンシャル思考はとても大事な考え方になりそうです。

【こんな人にオススメ】
☆ある程度責任ある立場で忙しい会社員
☆仕事もプライベートもいつも何かに追われていて、疲れている人
☆同僚や友達の顔色を伺いながら過ごすのに、疲れた人

【概要】
ものも情報も溢れるこの世の中。
ヒトは時間に追われ、タスクに追われ、余裕のない毎日を送っている。
そんな中、本当に重要なことは何か?
本当に必要なことか。断れないか?

エッセンシャル思考では「大多数のことが不要だと考える」


【心に残ったこと】
情報の本質をつかむ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャーナリズムの授業で下記の文章の要約をする、という課題。
「ある高校の校長は今朝、職員一同に研修旅行の知らせを告げた。
来週木曜、職員全員でサクラメントへ行き、新たな教育メソッドに関する会議に
参加する。
当日は人類学者や教育学者、州知事による講演も予定されている。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

→ 来週木曜は学校が休みだ!

・何かにYesということは、何かができなくなることである。(トレードオフの関係)
・サンクコスト、もったいないを克服する。
 →行き先が違う2つのスキーツアーに、間違えて同日程で申し込んでしまった。
  どちらかをキャンセルしなければいけない。
  どちらをキャンセルするか。費用はどちらも戻ってこない。

  @行き先がイマイチだが、100ドル。
  A行き先はとてもわくわくする楽しいところだが、50ドルで申し込めた。

 この状態だと、Aをキャンセルして、@を選ぶ人が多いという。
 Aの方が楽しいとわかっているにも関わらず、である。

・境界線を引くことで本当の力が発揮できる。
 境界線は自由を生む。
 Noと言わなくていいように、あらかじめルールを設定する。


【その他】
社会に出て○年目。
そこそこ、重要な仕事も任されるし、人は足りないし、
仕事でも家庭でもやることは増える一方。
いつも慌ただしく、1日が終わり、ぐったり倒れるように眠る。。。

限られた時間でいかにたくさんのことをやるか、
いかに効率的に物事を進めるか、ということを毎日考えて過ごしていました。

当たり前といえば、当たり前なのですが、この本を読んで、
薄々感じていたことに気づかせてもらいました。
発想の転換、といいますか。。。

私はサラリーマンには興味がないし、何らかの形で会社を辞めたい。
そのための準備にもっと時間を費やしたい。
それが今の私の一番大事なことです。

そうであれば、お給料をもらっているから、と言って、
何でもかんでも仕事を引き受けてしまっていては、
自分の目標は達成できないのです。

いきなり、行動を変えるのは難しいですが、エッセンシャル思考を
意識しながら、少しずつ仕事の仕事を変えていくことは
可能ではないかと思います。

人生は一度きり。
今を大切に生きていきたい。
そうであれば、本当に自分にとって大事なことをやるべきである。

このメッセージのものと、具体例やNoの言い方などがわかりやすく
書いてあります。

忙しい人にこそ、自分を振り返るために読んでほしい1冊です。


Amazon
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

Kindle
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

楽天
エッセンシャル思考 [ グレッグ・マキューン ]
posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法」上阪 徹(著)☆文章を書くだけでなく、仕事の進め方としても参考になる




職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

【こんな人にオススメ】
☆何かしらのライターを目指している人
☆出版社に勤めたい人
☆書くことで、お金を稼いでいる人
☆本が好きで、出版の裏側のことを知りたい人
☆仕事のやり方を学びたい人(会社員でも)

【概要】
ゴーストライターといった方がまだ、通じる時代だが、本を出したい、といったときに、
取材をして代わりに書いてあげる。
そんな職業の紹介と、著者の今までの軌跡、本を書き上げる際に、どんなステップを
踏んでいるか、紹介されている。

個人的には仕事のやり方としても、参考になりました。

【心に残ったこと】
◆工程のパッケージ化:1ヶ月に1冊本を書く
作る本はそれぞれ違うはずだが、著者には本を書き上げるためのリズム、スケジュール感があり、
それに当てはめて、書き上げていく。

◆素材が7割、書くのが3割
準備をしっかりしておけば、書ける。していなければ、書けない。
それが分かっているからこそ、テープ起こしを何度も読み込み、
付箋をつけて、章立てして、目次を作る。
これって、会社の仕事でも本質は一緒だと思う。

◆インタービューの仕方
インタビュー記事などを読みこみ、質問を考え、事前にレジュメを書いて、
渡しておく。
編集者にもどんどん口を出してもらう。

◆編集者とのパートナーシップ
編集者を良きパートナーとして、リスペクトしている姿勢が伝わる。
本を作る、ということはチーム作業であり、それぞれ役割分担をして、
相談しながら仕事を進めている。


【その他】
Amazonレビューを見ると、否定的な意見もあったが、冒頭に著者の裕福な生活を
描写があるのは、ゴーストライターと呼ばれがちなブックライターの
価値を高めたかった、印象を変えたかったからだろうし、ゴールを明示しておかないと、
その後の本を書き上げるまでの工程の説明が入ってこないから、だと私は思いました。

ターゲットをどこに置いているか、ですが、毎月10万字書くためのノウハウ的なものを
期待すると、イメージが違ってしまうのかもしれません。

自分のメモも含めて。
<スケジュール管理>
1週目:膨大な資料の読み込みと整理、目次作り。
2週目:原稿の執筆。この週は予定をなるべく入れない。1日60−70枚が相場。
    他の取材もあるし、1日空けられないときもあるので、3週目にずれ込むことが多い
3週目後半:推敲


やっぱり仕事の本質はどんな仕事でも一緒なのかなーと思った1冊です。
私も全く推敲できておりませんが、書くことは好きなので、
いろいろと勉強になりました。

先日読んだ、ドン・キホーテ創業者の本も、ブックライターが書いたのかしら。
「安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生」安田 隆夫 (著)☆はらわた力とは?ドン・キホーテ創業者の叩き上げ成功記

この本も面白かったのですし、ブックライターの方がいるからこそ、
成功者の話を本を通じて、聞く機会も増えるわけです。
とてもありがたい職業だと思います。

良い本をありがとうございました。

Amazon
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

Kindle
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

楽天
職業、ブックライター。 [ 上阪徹 ]


posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生」安田 隆夫 (著)☆はらわた力とは?ドン・キホーテ創業者の叩き上げ成功記



売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生



【こんな人にオススメ】
☆起業したい人
☆小売業をやっている人
☆仕事に悩んでいる人
☆なんだか人生うまくいかない人


【概要】
ドン・キホーテ創業者の安田 隆夫 さんのドンキー成功記。
今や絶好調で、ドンキーは華やかに見えるけれど、その陰には色々な苦労があった。
そして、時代とともにドンキーのイメージが悪かったりよかったりする理由がわかった気がする。
(マスコミバッシングにあう事件とか)

色々な事件を振り返りながら、その時の思いを書き連ねた本。


【心に残ったこと】
・安田さんはいわゆる昭和の反骨精神で、やってきた人。最近の若者ではこういう人は少ないかも。
・人と違うことをやる。マーケティングの理論や本はデイマーケットのものばかり。
 ナイトマーケットには当てはまらない。
・はらわた力:わからないようでわかる「もがき苦しむ力、紆余曲折しながら最後に這い上がろうとする一念」
・現場への権限委譲:お願いして任せる。そうすることで各自が成長する。
・黒か白か決めない:バランス感覚。人との距離感。グレーの濃淡は時代背景や環境によっても変わるもの。


【その他】
ドン・キホーテにどんなイメージを持っているだろう。
最近では、白金にできたプラチナドンキーができることに対して、
白金に住む私の友達も白金にドンキーなんて!と憤慨したコメントをfacebookに投稿していた。

でも、この本を読んで、もしかしたら、ドンキーは請われてできたのかもしれない、と思った。
大型スーパーなどがなくなると、人の流れも変わる。
街も活気を失う。
全てがとは言わないが、請われて出店することがある(救済型出店)は、誰にでもできることではない。
地域再生にとって、重要な役割を担っていたのではないか。

それを知った上で反対しているなら、いいと思うが、マスコミも是非、色々な側面から報道をしてほしい。

薬剤師が店頭にいない中でのTV電話を使って薬剤師と話せる薬の販売については、
厚労省ととことん戦ったという。
今、私も免許が必要な会社に勤めているため、お上(管轄省庁)と戦うことが
どれだけ大変か、リスクがあるか多少は理解しているつもりである。

この本に書かれていない、いろいろなおごりや失敗もあるのだろうけれど、
この本に書かれている、様々な考え方や当時の判断を知るだけでも、
勉強になることがたくさんある。

同じ状況で同じ判断が自分にできるだろうか。
もちろん、その時代や環境によって答えは違うが成功につながる答えを導き出せる
力をつけたい。

野生の感とでも言うのだろうか。
(それも現場で鍛え上げられた感であるが)
こういう人は、土壇場にも強い。

久々に引き込まれてあっという間に読んでしまった本だった。
良い本をありがとうございました。


Amazon
売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生

Kindle版
安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生

楽天
安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 [ 安田隆夫 ]

posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−