スポンサードリンク



「職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法」上阪 徹(著)☆文章を書くだけでなく、仕事の進め方としても参考になる




職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

【こんな人にオススメ】
☆何かしらのライターを目指している人
☆出版社に勤めたい人
☆書くことで、お金を稼いでいる人
☆本が好きで、出版の裏側のことを知りたい人
☆仕事のやり方を学びたい人(会社員でも)

【概要】
ゴーストライターといった方がまだ、通じる時代だが、本を出したい、といったときに、
取材をして代わりに書いてあげる。
そんな職業の紹介と、著者の今までの軌跡、本を書き上げる際に、どんなステップを
踏んでいるか、紹介されている。

個人的には仕事のやり方としても、参考になりました。

【心に残ったこと】
◆工程のパッケージ化:1ヶ月に1冊本を書く
作る本はそれぞれ違うはずだが、著者には本を書き上げるためのリズム、スケジュール感があり、
それに当てはめて、書き上げていく。

◆素材が7割、書くのが3割
準備をしっかりしておけば、書ける。していなければ、書けない。
それが分かっているからこそ、テープ起こしを何度も読み込み、
付箋をつけて、章立てして、目次を作る。
これって、会社の仕事でも本質は一緒だと思う。

◆インタービューの仕方
インタビュー記事などを読みこみ、質問を考え、事前にレジュメを書いて、
渡しておく。
編集者にもどんどん口を出してもらう。

◆編集者とのパートナーシップ
編集者を良きパートナーとして、リスペクトしている姿勢が伝わる。
本を作る、ということはチーム作業であり、それぞれ役割分担をして、
相談しながら仕事を進めている。


【その他】
Amazonレビューを見ると、否定的な意見もあったが、冒頭に著者の裕福な生活を
描写があるのは、ゴーストライターと呼ばれがちなブックライターの
価値を高めたかった、印象を変えたかったからだろうし、ゴールを明示しておかないと、
その後の本を書き上げるまでの工程の説明が入ってこないから、だと私は思いました。

ターゲットをどこに置いているか、ですが、毎月10万字書くためのノウハウ的なものを
期待すると、イメージが違ってしまうのかもしれません。

自分のメモも含めて。
<スケジュール管理>
1週目:膨大な資料の読み込みと整理、目次作り。
2週目:原稿の執筆。この週は予定をなるべく入れない。1日60−70枚が相場。
    他の取材もあるし、1日空けられないときもあるので、3週目にずれ込むことが多い
3週目後半:推敲


やっぱり仕事の本質はどんな仕事でも一緒なのかなーと思った1冊です。
私も全く推敲できておりませんが、書くことは好きなので、
いろいろと勉強になりました。

先日読んだ、ドン・キホーテ創業者の本も、ブックライターが書いたのかしら。
「安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生」安田 隆夫 (著)☆はらわた力とは?ドン・キホーテ創業者の叩き上げ成功記

この本も面白かったのですし、ブックライターの方がいるからこそ、
成功者の話を本を通じて、聞く機会も増えるわけです。
とてもありがたい職業だと思います。

良い本をありがとうございました。

Amazon
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

Kindle
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法

楽天
職業、ブックライター。 [ 上阪徹 ]


posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ」山下 弘子 (著)☆生き急ぐとは?




【こんな人にオススメ】
☆現在、何かにひどく悩んでいる人
☆闘病中の方
☆自分に自信が持てない人

【概要】
19歳にして、重い肝臓がんになり、余命半年と言われた女性が何を考え、生きているのかを綴った本。
いかに苦しみを克服していくか、という重い感じではない。
(勿論、そのような描写もあるが)

いや、実は重いのかもしれないが、あまりそれを感じさせずに、読めてしまう。
周りのガン患者へのイメージと本人のギャップがよく描かれていると思う。


【心に残ったこと】
余命宣告されて、やりたいことをやろう、とただ遊んでいただけだった。
その後、この経験を伝えよう、と講演などをやったら、悲劇のヒロインにされたり、
自分が伝えたいことが伝わらずに疲弊してしまった。

私もきっと、同じ状況になったら、彼女と同じことをするような気がします。

Amazonレビューでもどなたかが書いていたが、
余命宣告を受けたガン患者であろうと、
健康であろうと、悩みは誰しも一緒である、ということを
私も思いました。

そして、私ももし同じ状況だったら、絶対、生き急いで疲弊しているに
違いないと思いました。

それを乗り越えて、今の考えに


【その他】
いつ終わりがくるか分からないから、終わりを見ないふりして、生きている。
いざ終わりを見えると、どうして良いか分からない。
今は人生70年や80年が当たり前。

昔は寿命も短く、衛生環境が悪く、死がもう少し近くに感じられたのかもしれない。
こういう恐怖から宗教って生まれたのかな、なんて思ったりもしました。
来世を約束されれば、死ぬのも怖くない、というような。

何が幸せか、それは自分が決める。
それがないと振り回されてしまう。


Amazon
雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ

楽天
雨上がりに咲く向日葵のように [ 山下弘子 ]

posted by ちょちょ at | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法 」金城幸政 (著)☆評価が分かれる自己啓発本



「あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法 」金城幸政 (著)


【こんな人にオススメ】
☆行き詰まっていて、何か視点を変えたい人
☆悲観的に考えがちな人
☆でも、真面目過ぎない人(受け入れられないかもしれないから)

【概要】
筆者独自の視点で、人間はみんな神様である、という考え方から始まります。
地球は神様の遊び場で、幸せな神様のいる世界では体験できない悲しみや苦しみを
体験するために、地球ができた、と。
この考え方を基本に、各種思想が展開していきます。

【心に残ったこと】
概要、の部分で既に、???の状態だと思いますが、これを乗り越えていくと、
筆者の持論が展開されます。

・地球が神様の遊び場であれば、いちいち目先のことに悩み苦しむのも
馬鹿馬鹿しい。

・自愛の心:毎日する皿洗いなどにも、ご飯が食べられてよかったな、
 などと日々感謝の気持ちを持つ。
 
【その他】
余裕がないと、著者の考え方は人を馬鹿にしている、頭がおかしいのではないか、
と思う人もいると思います。
逆にはまると「こんな考え方もあるのか!」と気分が楽になる人もいると思います。

アマゾンのレビューにもあったように、ある意味、今はやりのアドラー心理学的な
切り口のような気もします。
この本がハマるのは、読む人の状態などにもよると思うので、
合わなければ、時期ではない、ということでしょう。

ちなみに私は、あわなかったですが、言わんとしていることは
理解できました。
生きていく中で、このような考え方が必要になる時もあるかもしれません。


Amazon
「あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法 」

Kindle
「あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法 」

楽天
あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法 [ 金城幸政 ]

posted by ちょちょ at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生」安田 隆夫 (著)☆はらわた力とは?ドン・キホーテ創業者の叩き上げ成功記



売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生



【こんな人にオススメ】
☆起業したい人
☆小売業をやっている人
☆仕事に悩んでいる人
☆なんだか人生うまくいかない人


【概要】
ドン・キホーテ創業者の安田 隆夫 さんのドンキー成功記。
今や絶好調で、ドンキーは華やかに見えるけれど、その陰には色々な苦労があった。
そして、時代とともにドンキーのイメージが悪かったりよかったりする理由がわかった気がする。
(マスコミバッシングにあう事件とか)

色々な事件を振り返りながら、その時の思いを書き連ねた本。


【心に残ったこと】
・安田さんはいわゆる昭和の反骨精神で、やってきた人。最近の若者ではこういう人は少ないかも。
・人と違うことをやる。マーケティングの理論や本はデイマーケットのものばかり。
 ナイトマーケットには当てはまらない。
・はらわた力:わからないようでわかる「もがき苦しむ力、紆余曲折しながら最後に這い上がろうとする一念」
・現場への権限委譲:お願いして任せる。そうすることで各自が成長する。
・黒か白か決めない:バランス感覚。人との距離感。グレーの濃淡は時代背景や環境によっても変わるもの。


【その他】
ドン・キホーテにどんなイメージを持っているだろう。
最近では、白金にできたプラチナドンキーができることに対して、
白金に住む私の友達も白金にドンキーなんて!と憤慨したコメントをfacebookに投稿していた。

でも、この本を読んで、もしかしたら、ドンキーは請われてできたのかもしれない、と思った。
大型スーパーなどがなくなると、人の流れも変わる。
街も活気を失う。
全てがとは言わないが、請われて出店することがある(救済型出店)は、誰にでもできることではない。
地域再生にとって、重要な役割を担っていたのではないか。

それを知った上で反対しているなら、いいと思うが、マスコミも是非、色々な側面から報道をしてほしい。

薬剤師が店頭にいない中でのTV電話を使って薬剤師と話せる薬の販売については、
厚労省ととことん戦ったという。
今、私も免許が必要な会社に勤めているため、お上(管轄省庁)と戦うことが
どれだけ大変か、リスクがあるか多少は理解しているつもりである。

この本に書かれていない、いろいろなおごりや失敗もあるのだろうけれど、
この本に書かれている、様々な考え方や当時の判断を知るだけでも、
勉強になることがたくさんある。

同じ状況で同じ判断が自分にできるだろうか。
もちろん、その時代や環境によって答えは違うが成功につながる答えを導き出せる
力をつけたい。

野生の感とでも言うのだろうか。
(それも現場で鍛え上げられた感であるが)
こういう人は、土壇場にも強い。

久々に引き込まれてあっという間に読んでしまった本だった。
良い本をありがとうございました。


Amazon
売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生

Kindle版
安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生

楽天
安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生 [ 安田隆夫 ]

posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法」樺沢 紫苑(著)☆今の情報化社会で情報に翻弄されないために



毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法

【こんな人にオススメ】
☆仕事が忙しくて、時間がない人
☆メールやSNS、ネットの情報に翻弄されている人
☆1日に何回もSNSやスマホをチェックしてしまう人

【概要】
ネットを中心とした情報化社会の基本的なルール、効率的な使い方を説明。
使い方によっては、時間の浪費になってしまうネット利用を、効率的に進めるための具体的なノウハウが詰まっている。


【心に残ったこと】
・アナログとデジタルの使い分け。デジタルな手法を駆使している著者ですが、アナログの方が良いところも説いています。

・SNSの基本的なルールについても、説いています。この辺は知っているようで、守れていない人も多いのではないでしょうか?

・なるべく1つのデバイスを使いこなす、というのは目からウロコでした。私自身、PCが一番便利と思いつつ、家でPCを触れる時間が少ないため、スマホ、iPad miniなど色々なデバイスを使っていました。
 これを読んで、やはりPC以外のデバイスはテキストの下書きに特化し、それをブログとかにアップする場合は、PCにて整形しようと思いました。


【その他】
タイトルから見る、99の方法はSNSのルールなど、必ずしも工率カニ缶kねいないこともあります。
でも、下記の本に書いてあるように、目次を見て、自分に必要なところをピックアップして読めば良いことです。

「読んだら忘れない読書術 」樺沢紫苑 (著)☆Kindleを購入しなくてもKindle書籍を読める!

そして、この本はKindleアプリをダウンロード(無料)すれば、無料で読める本なので、是非、パソコンやスマホにダウンロードして、無料で読んでみてください!
必要なところだけ流し読みするだけでも、メリットがたくさんある本だとおもいます。



Amazon
毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法

※Kindleアプリをダウンロード(無料!)すれば、無料で読むことができます!

楽天
毎日90分でメール・ネット・SNSをすべて終わらせる99のシンプルな方法【電子書籍】[ 樺沢紫苑 ]

posted by ちょちょ at | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−